大メバルに会いたくて

連休のさなか釣りに行っても渋滞にぶつかるしなぁと二の足を踏んでいました。

 

先日行ったメバル釣りの話を仕事場で話していたら、是非行こうと仕事仲間が乗り気になりました。

 

連休中なので、渋滞が予想されますがそれに耐えるだけの価値を見出したわけです。

 

では、お付き合いしましょうと、船長に電話をかけ確認です。まだ、エサの活きイカナゴがあるということが確認できたので、予約を入れました。

午後便ですから2時半の出船です。渋滞を予想して10時半には家を出発しました。

阪神高速は渋滞ですから避け、国道も込んでいるから幹線を選びながらお迎えに行き、また裏道をたどりながら明石大橋まで。

 

案の定明石大橋も渋滞が始まっていました。

しかし、十分な時間を見積もって出ましたから、出船の一時間前には船着場に到着し、自分が入りたい釣り座を取ることができました。

 

これが、まず第一の勝因ですね。

釣り座を構え、竿を準備し、仕掛けをセットするという時間が十分取れましたので余裕を持って臨めます。

 

釣場に向かう間に、腹ごしらえをしながら他の釣り客と談笑です。今回は全部で7名の乗り合いです。

 

少し南風が出てきていたようで波しぶきがかかります。温かくなったといってもやっぱりまだ防寒具は離せませんでした。

 

釣場に着き、帆をあげ、活きイカナゴが配られ臨戦態勢です。

 

船長は、魚影が映っていないといいますが、私には最初からあたりがあり、まず25cmが1尾上がりました。

 

他の人にはあたりが出ないし、魚影が映っていないと言うことで場所移動です。潮の流れが少し速すぎるようです。

 

漁礁の高さは4mといいますから、水面ぎりぎりで底をとり、船長の「高くなるよ」の合図で糸を2mほど巻き取りながら竿を水面から1mほど持ち上げる動作をします。そうするとその度に当たりがあり、メバルが食いついてきます。

 

明るい間は、4本針で一番上には疑似餌、下の3本に餌を付けるという仕掛けで2匹掛けをしたりしながら数を重ねていきます。

 

非常に順調で、たまに20cmくらいのが混ざりますが、ほとんどが25cmオーバーです。

同行者も3本針に3匹掛けて大満足。

 

一度、竿の穂先が引きこまれ持ち上がらないことがありました。根掛かりかと一瞬思いましたが何とか巻き上げてみると大メバル。家に帰って計ってみると30cmを超えていました。

 

大メバル

日が傾き、少し場所を変えての釣りとなります。沖あがりが7時15分くらいですから、日が暮れてからの時間はほとんどありません。

暗くなるとエサもうまく付けれないし、穂先が見えないので底がとりにくく難儀をします。仕掛けを3本針に変え、何とか釣りを続けました。

 

次で最後の一流しというところで、仕掛けが切れてしまい一足先に納竿しました。

数えながら、〆ていくとメバル23尾、しかも25cm以上が14尾もありました。帰ってホームページを覗くと竿頭で22尾とありましたがご愛嬌。

 

同行者も20尾を数え大満足。

帰りはまたまた渋滞でしたが、まぁ、覚悟の上だったのと、釣果に満足してルンルンと帰りました。

次の日、阪急デパートに出かけて鮮魚売り場でメバルの値段を見てびっくり、20cmのメバルで1380円の値段がついています。10cmのチビメバルも売り物になっており、3尾で500円。

 

ここで売ったらいくらになるのだろうと思わず笑みがこぼれてしまいました。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました