メディアに踊らされて。。。。トマト編

テレビを見ていなかったのでなんでかなぁ? と思っていましたが、やっとスーパーにトマトがもどってきましたね。

トマトのリコピンの効能は、抗酸化作用があるということで、いろいろと取りざたされていますね。

効能がどうのこうのというよりは、美味しいから食べるという私のスタンス。

今回の騒動は、ダイエットに効果があるということだったようですね。

トマトだけ食べて、他のものを食べないのなら痩せるでしょうが、それもまたバランスの悪い話です。

野菜の中に、漢方薬として材料とされる物も沢山ありますが、基本的にバランスよく栄養を摂ることが大事だと思っています。

トマトは好きな野菜の一つです。

子供の頃は、トマトのスライスに砂糖をまぶして食べた物ですが、これを子供たちに言うとびっくりされました。

ものすごく贅沢な食べ方だったはずなのですが、、、、

今は、シーズンは居酒屋に行っても、家飲みのときもトマトスライスは良く食べます。

どっちかと言うと、ちょっと食塩をかけたりして、、、、

後は、鉄板でトマトを焼き、その上にチーズを乗せて食べるというのもあります。

飲み物としてはトマトジュースをたまに飲みますが、リコピン量より塩分のほうが気になりますね。

18mgのリコピンを摂るためにトマトジュースを飲むと、1日の塩分量の半分くらいを摂るようになってしまうとか。

レッドアイが好きなので、夏場の最初の一杯のレッドアイは欠かせませんが、、、、

先ほどの漢方ではないですが、日本の伝統といいますか、食養生の観点から言っても食べ物は出来るだけ旬の物をとるようにするのが日本人のからだには適していると思います。

今の時期は、白菜、大根など美味しいですし、もうすぐ、新キャベツやたまねぎなども出てきますね。

私は野菜作りはしていませんが、お友達などが自家菜園などで季節の野菜を作り蝕されているのはうらやましいものだと思っています。

年齢とともに、自分のからだの中で作り出す物や摂取する物の量がバランス悪くなっているというのは実感しています。

死んだ母が私のために買い続けてくれた青汁は、自分で購入して飲み続けています。

森下仁丹 仁丹のおいしい青汁(30包)オリゴ糖入り

特に、これといった変化はないと思っていますが、もう20年くらい飲み続けていますので、死ぬまで飲もうかと。

他の青汁もいろいろ試しましたが、この森下仁丹のものが一番飲みやすいと感じています。

健康食品はいろいろと売られていますが、まだ、ビタミン剤、ヒアルロン酸などには手を出していません。

ただ、身体のあちこちがやっぱり年相応にがたがきはじめていますので、検討の余地がでてきたのかなぁと感じています。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました