鯨の祖先

友人が歌人だったのを知りませんでした(^^;

今度、歌集を出したよって
送ってきてくれたのが「鯨の祖先」という歌集。

短歌というのは馴染みはないけれど、
読んでみると、その情景が浮かび、
にやっとしたり、グッときている自分がいました。

日本語って素晴らしいですね。
(といっても、他の国の言葉がわかるわけではないですけど)

学校で習った和歌、短歌、俳句というのは、
なにやら決まりごとがあって、そのルールに乗っ取らなければ
認めないというようなことがありましたが、
こうして自由に言葉を操れるというのはすごい。

私も、年を取ってきたせいか、
日常の景色や、周りの人達を見ていて、
すごいなぁ、きれいだなぁ、幸せだなぁと
感じる自分にびっくり。

こうして、この友人は、
日常を歌にしたんだなぁと感心することしきりです。

俳句や短歌というと文語というイメージがありましたが、
この友人の歌は口語。

だから、親しみを感じるのかもしれませんね。

五、七、五、七、七 の二一文字で思いを綴るのと
五、七、五 の一七文字で綴るのではどれほどの差が出るのかは
わかりませんが、日本人にはこの区切りというのは非常に身近に思えます。

私も、感じたことを書いてみようかなぁと思ったりしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました