鯛釣りに行ってきた

船の鯛釣り

先週はすっかり鯛釣りに気持ちが行ってしまい、
2日も3日もかけて準備をした鯛釣り。

土曜日に出かけてきました。

天気は曇天、少し雨に降られたりしましたが、
ほとんど無風状態。

出船が6時半と遅めでした。

満潮が4:09、干潮が11:04
この間の潮位差が80cmほどですが、
次の満潮が15:09で、潮位差が20cmほど。

ですから、出船した時間には潮が緩み始め、
沖上がりの2時半まで潮はゆるいままと言う状態でした。

選んだタックルは、
タイラバ専用竿のシマノ炎月プレミアムに、
リールはカルカッタコンクエストにPE03号。

結局前日に03号を巻き変えました。

錘は、潮がゆるいので35gにしようかなぁとも思いましたが、
水深が70mくらいあったので60gでほとんど通しました。

曇天で、緩い潮。

これは、例のマイクロフリップしかあるまいということで、
丸錘は数回使用しただけ。

もちろんポラジックフィルムフックも使いましたよ。

結果はというと
私は鯛2枚、鰐ゴチ5尾、ガシラ4尾。

choka528

当たりは結構あり、途中まで上がるのですが、
ハリが外れてしまうということが多かったです。

この釣りは、巻くだけで、
向こう合わせの釣りが基本と言われますが、
合わせを入れることが必要じゃないかと思います。

 

船釣りの場合は良くある話で、
当たりはミヨシ、またはトモの潮に当たるほうから出始め、
左舷、右舷のどちらかに偏ることが多いです。

私の釣座は、右舷の胴。

結局この日は左舷がよくあったっており、
竿頭が左舷のミヨシ、次が左舷のトモでした。

こればかりは仕方ないですね。

仕立て船の場合は、
釣果はみんなで分けますから、
ありがたいことです。

この日、来たくても仕事でこれなかった釣友にも
お裾分けをしても、一人分はたっぷりありました。

私はラッキーなことに、
船中で2尾しか釣れなかったアコウも頂きました(^^;。

160528_202033

もって帰った魚は、
この日をもって自分の家に帰るとという
長女の家族と一緒に美味しく頂きました。

孫娘は、目を丸くして
これ食べると鯛を指差すのが可愛かったですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました