秋刀魚の蒲焼丼

秋刀魚が食べたいと思っていましたが、
近所のスーパーにはもう、生秋刀魚が入っていないです。

もう終わり?

一昔前は、家族も多かったし、近所づきあいもにぎやかだったので、
お取り寄せで、秋刀魚をトロ箱で購入し、刺身、塩焼き、煮付けと楽しんだものです。

家内と2人の生活になると、
秋刀魚はグリルで焼くしかなく、
ちょっとめんどくさくなっていました。

それでも、シーズンは、塩焼きや、蒲焼、刺身は食べたいとおもうので、
スーパーに行って探すのですが、時間帯が悪いのか、
シーズンが終わったのか、手に入らないです。

 

昨日は、仕方ないので缶詰の秋刀魚の蒲焼を
開けました。

ビールのあてに。。。。

 

そのまま、食べても美味しいのですが、家内と2人の食事、
真ん中に缶詰ではあまりにわびしいので、
秋刀魚の缶詰の汁をフライパンに取り出し、
お酒、めんつゆ、水を加えて沸騰させます。

そこに、秋刀魚の缶詰の身を移し暖めました。

玉子を割って溶き、フライパンに流しいれて、
半熟で閉じます。

上から刻みねぎを散らして、お皿に移しました。

 

このまま、ご飯の上に乗せれば秋刀魚の蒲焼丼です。

 

家内はご飯と一緒に、
私は、ビールのあての逸品になりました。

 

 

こうした缶詰、非常食に買ってますけど、時々消費して
当たらしいものを補充しておくほうがよいですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました