プロ野球考

プロ野球

広島カープが2年連続セリーグを制覇しました。広島カープファンとしてはうれしい限りですね。

 

黄金時代到来だといわれていますが、戦力的にみると確かに充実してきたと思えます。一つ一つを見ていくと課題はありそうですけど、、、。

広島の強さは何かといろいろと取りざたされていますが、昨年来言われるようになっている選手それぞれが持っているカープ愛なのかなぁと感じます。

 

それぞれの選手が個人事業主でありながら、広島カープの為に、カープが勝つ為に、自分ができることをやるという考えが浸透しているからだとも言われますね。選手のコメントからも、そういった意識が浸透していることが伝わってきます。

 

昨年も、監督、選手がこの意識で結果を残し、遣り残しがあるということで今年、連覇。日本シリーズに向うわけです。

 

シーズンが終わると、契約更改があり、来年の準備となるわけですが、この契約更新というのは難しいですね。契約更新のための査定ポイントがあるのでしょうが、一般に言う個人成績でこの査定をすると、カープのようなチームカラーの場合は難しいのではないのかなとちょっと心配になります。

現在は、細かいデータを取っているでしょうが、そのデータだけでは現れない精神的なもの、行動などをどう評価するか。

どうしても、ピッチャーであれば防御率、勝率などが目に留まりますし、野手だと打率、打点、ホームラン数、盗塁数などで判断されがちですよね。

そして、何らかのタイトルを取るともてはやされるというのがプロですから仕方ないのかもしれません。

でも、カープ愛、チーム愛を持ち、チームに貢献した選手やコーチたちをちゃんと評価し、契約更新をお願いしたいと思います。

ちゃんと評価されたうえで、査定されていることがわかるような契約更新になることを期待します。そうすれば、選手が納得できるでしょうし、カープ愛、For the Teamで行動することを続けることが出来ます。そうすれば、本当のカープの黄金時代が訪れるのではないかなと思ったりしているわけです。

 

プロの世界だから、世代交代をしていくというのは当たりまえで、その中でユニフォームを脱いだり、他のチームのユニフォームを着る選手もあるのは仕方ないこと。

でも、低迷期をカープ愛で支えた選手たちが、引退という形でなくチームを去るのは寂しいし、今頑張っている選手にも何らかの影響は出るのではと心配しますね。一昨年の栗原選手、今シーズン発表のあった梵選手。広島カープの生え抜きで活躍した選手だけになんともやるせない思いになってしまいます。

大好きな梵選手が、広島のユニフォームを脱ぐと聞いて、いろいろと考えてしまいました。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました