釣った魚をおいしく食べる

料理

「釣った魚はおいしく食べる」
これは私のモットーでもあります。

釣りに出かけて、狙った魚だけが釣れる訳ではなく、
俗言う「外道」も釣れるわけです。

 

フグや、ヒメオコゼはさすがに海にお帰りいただくことが多いですが、
フグも自分に免許があれば食べたいところですし、
ヒメオコゼも味噌汁などの出汁にするといい味が出るそうです。

 

船釣りの場合は、キス釣りの時のガッチョ(ネズミゴチ)、エソ、グチ
ヒラメ釣りのときのワニゴチ等が招かねざる客として嫌がられたりします。

 

どれもおいしい魚なのに、、、、

 

リリースするのは狙っている魚の幼魚くらいでしょうかね。
もっと大きくなってから釣れてねとお願いしてお帰り願います。

 

自分で捌くことが出来ない外道というと
フグの他にはサメ、エイなど。

これらも、ちゃんと料理をすれば十分食べれます。
お店で売っているところもありますものね。

サメ(ふか)の湯引きは実家では良く食べてました。
エイはから揚げにすると鳥と変わりません。
一度料理に挑戦してみたいと思っているのですが、、、、
釣って持ち帰った魚。
捌くのは私の仕事。

奥さんは主に鱗とりと、最後の汚れ落とし。

 

結婚当初は、魚にも触れなかった女性ですが、
今では、アジ、イワシ、サバ、メバル、ガシラなどの
小型の魚は上手に捌いてくれますよ。

 

さすがに、鯛、青物、ヒラメなどは無理なようなので
私が捌きます。

出刃庖丁と柳葉(刺し身庖丁)は奥さん用と、
私用に大・中がそろえてあります。

といっても、本で読んだくらいの我流の料理。
「習うより慣れろ」でやってきましたので
なかなか綺麗にできませんね。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました