伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)

日本の神々

日本書紀:伊弉諾神
古事記:伊邪那岐神、伊邪那岐命

天津神 

男神

国生みの神

天地創造時に、別天つ神(ことあまつかみ)と呼ばれる5柱の神、
その後現れた神代七代と呼ばれれる
2柱の神(日本の国土、大自然に命を吹き込む神)と
男神と女神が対になって生まれた5組の神々。

ここから日本が誕生していきます。

この最後の男神と女神のペアの男神が伊邪那岐神、女神が伊邪那美神です。

この2柱が日本神話では必ず紹介されている国生み、神生みの神です。

日本の国土、日本の神々を誕生させる物語は是非古事記、日本書紀の
国産み、神産みを読んでください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました