伊邪那美尊(いざなみのみこと)

日本の神々

伊弉冉、伊邪那美、伊耶那美、伊弉弥

別名:黄泉津大神
    道敷大神

天津神

女神

男女ペアで誕生した神。あまりにも有名で伊邪那岐尊と一緒に、日本の国土とたくさんの神々を生んだ

そのエピソードは古事記、日本書紀で、国生み、神生みというエピソードで紹介されています。

そして、神生みの最後に死んで、黄泉の国に行ってしまいます。

その後、黄泉の主宰神となり、黄泉津大神、道敷大神と呼ばれました。

残された伊弉諾尊のエピソードもありますが、詳しくは、古事記、日本書紀を参照。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました