2020年初釣り

料理

令和になって初めてのお正月。

例年とくらべて非常に温かい日が続きました。

年末の竿納めの釣りは悪天候で止む無く中止としましたが
初釣りは天候も良く快適に出かけました。

昨年は鯛が順調に連れた覚えがあります。
ただ、その後仕事や体調の都合で半年以上釣りに行けませんでしたので
今年は、なんとか月1回は出かけたいと初詣ではお願いしたわけです。

まずは、初釣りに出かけることができました。

船長からの連絡で、潮加減から、少し遅い出船ということで
いつもの釣友と誘い合わせて阿那賀へ

出船は8時、最初は鰆狙いとなりました。

鰆は歯がするどく仕掛けを簡単に切っていきますから、
仕掛けはワイヤーを使っています。

餌は冷凍イワシ。

水中で回転しないように針をさせます。

粘ること3時間、周りの船で鰆、ツバスがあがるのを
たまに見かけましたが、我々にはあたりさえありませんでした。

さらに、場所を変え、仕掛けを変えたりしながら
午後2時。

本来ならそろそろ上がりの時間です。

最後のポイントで、お土産に鯛の一尾でもと思って
皆で鯛サビキ。

すると、鯛のあたりはないものの
ツバスの大群にあたったのか、、、

ご覧のように、1時間で小さいながらツバスが40尾超えとなりました。

なんか釈然とはしませんでしたが
お土産ができたこと。風もなく気持ちよく釣りができたこと。
を、海の神様に感謝です。

4人で分けて持ち帰りましたが、
結構、捌くのが大変です。

娘たちや、知り合いにおすそ分けするにも
丸のままというわけにはいきませんので
頭を落とし、はらわたを抜いて、すべて3枚におろしました。

刺身用のものは柵どりし、生鮨は3枚卸のまままず塩漬けに、
塩麹漬け、みそ漬けするものはさらに3つくらいに切っていきます。

ツバスの生鮨は、以前試してみたらおいしく、
おすそ分けした人たちにも好評でしたので今回も2尾分を作成。

塩麹漬けも好評でしたので、身の部分だけでなく、11尾分のカマも
塩麹に漬けました。

味噌漬けは、白みそ、普通の味噌を合わせ、みりんで溶いたものに
漬け込みます。

刺身以外はすべて保存食ですね。

これらを一晩寝かせて小分けして冷凍し
おすそ分けに回します。

大体、私たち夫婦が自家消化するのは、キズシと、カマの部分。
それに少しの短冊をしゃぶしゃぶで頂く程度になりますね。

まだ、冷蔵庫にカマの塩麹漬けはたくさん残っています(^^;

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました