日本の神々

神様の御用人に登場する神々

倭建命(やまとたけるのみこと)

倭建命というと日本神話で登場する神。景行天皇の次男で、父の為に東西に渡って平定をするために奔走しました。様々な逸話が残っています。
2020.02.07
神様の御用人に登場する神々

泣沢女神(なきさわめ)

伊邪那岐命と伊邪那美命の国生み・神生みの折に死んでしまった伊邪那美命を思い泣く伊邪那岐命の涙から生まれたといわれる泣沢女神(なきさわめ)の紹介
2020.02.07
神様の御用人に登場する神々

須勢理毘売命(すせりびめのみこと)

須勢理毘売命はあの須佐之男命の娘。大国主命と運命的な出会いをして、恋に落ちたといわれます。やさしさと、気の強さの二つを持ち合わせた女神のようです。
2020.02.07
スポンサーリンク
神様の御用人に登場する神々

天棚機姫神(あめたなばたつひめのかみ)

七夕の織姫と重なることもあるようです。天津国で神々の衣を織っていたといわれる神様です。
2020.02.07
神様の御用人に登場する神々

少彦名神 (すくなひこなのみこと)

大国主命とともに、国造りを行ったとされる少彦名神(すくなひこなのみこと)。神様の御用人にも登場しています。
2020.02.08
日本の神々

別天津神(ことあまつかみ)・神世七代

古事記による国の始まりは、神々の名前がたくさん登場します。この最初の物語において皆さんの記憶に残っているのは伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)の2柱ではないでしょうか。
2020.02.24
日本の神々

貧乏神

別名:窮鬼 取りついた人間やその家族を貧乏にする神 「太田神社」:東京都文京区春日の牛天神北野神社 貧乏神は貧乏を福に転じる神ともされ、様々な逸話があるようです。 最近読んだ短編では浅葉なつさんの「神様の御用人 2」の 「2柱 貧乏...
日本の神々

菊理媛神(くくりひめのみこと)

菊理媛神(くくりひめのみこと) 別名:白山姫大神 女神 縁結びの神 日本書紀のみ神産みのエピソードに登場する。 後、白山神社の祭神である白山比咩神と同一視された。
日本の神々

伊邪那美尊(いざなみのみこと)

伊弉冉、伊邪那美、伊耶那美、伊弉弥 別名:黄泉津大神     道敷大神 天津神 女神 伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)と2柱で国生み、神生みを行い 神生みの最後に死んでしまう。 その後、黄泉の主宰神となり、黄泉津大神、道敷大神と呼ば...
日本の神々

伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)

日本書紀:伊弉諾神 古事記:伊邪那岐神、伊邪那岐命 天津神  男神 国生みの神 天地創造時に、別天つ神(ことあまつかみ)と呼ばれる5柱の神、 その後現れた神代七代と呼ばれれる 2柱の神(日本の国土、大自然に命を吹き込む神)と 男神と...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました