日本の神々

別天津神(ことあまつかみ)・神世七代

古事記による国の始まりは、神々の名前がたくさん登場します。この最初の物語において皆さんの記憶に残っているのは伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)の2柱ではないでしょうか。
2020.02.24
神社

一宮神社に行ってみました。

神戸生田神社の摂社ともいわれる神戸八社の一つの一宮神社にお参りに行きました。
2020.01.17
料理

2020年初釣り

令和になって初めてのお正月。 例年とくらべて非常に温かい日が続きました。 年末の竿納めの釣りは悪天候で止む無く中止としましたが初釣りは天候も良く快適に出かけました。 昨年は鯛が順調に連れた覚えがあります。ただ、その後仕事や体調の都合で半年以...
2020.02.24
スポンサーリンク
神社

神戸八社

神戸の生田神社の氏子地に一から八までの数字を付けた神社です。
2020.02.24
料理

おせち料理2

お正月は終わってしまいましたが 今回、私が準備した料理の紹介が遅れてしまいました。 これは、おせち料理とは言わないかもしれませんが お正月の口直しに食べるカレーを毎年作ります。 今年のカレーは、牛肉のスジを煮込んで作りました。 人数が...
神社

鳴尾八幡神社

西宮市上鳴尾町14-21 阪神電車「鳴尾」北へすぐ 創建は後花園天皇が在位した文安年間(1444年~1449年)と伝えられている歴史ある神社 2019年には宮司不在で、2020年もほぼ手入れがされていない状態。廃社になったのかは不明。 ...
日本の神々

貧乏神

別名:窮鬼 取りついた人間やその家族を貧乏にする神 「太田神社」:東京都文京区春日の牛天神北野神社 貧乏神は貧乏を福に転じる神ともされ、様々な逸話があるようです。 最近読んだ短編では浅葉なつさんの「神様の御用人 2」の 「2柱 貧乏...
日本の神々

菊理媛神(くくりひめのみこと)

菊理媛神(くくりひめのみこと) 別名:白山姫大神 女神 縁結びの神 日本書紀のみ神産みのエピソードに登場する。 後、白山神社の祭神である白山比咩神と同一視された。
日本の神々

伊邪那美尊(いざなみのみこと)

伊弉冉、伊邪那美、伊耶那美、伊弉弥 別名:黄泉津大神     道敷大神 天津神 女神 伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)と2柱で国生み、神生みを行い 神生みの最後に死んでしまう。 その後、黄泉の主宰神となり、黄泉津大神、道敷大神と呼ば...
日本の神々

伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)

日本書紀:伊弉諾神 古事記:伊邪那岐神、伊邪那岐命 天津神  男神 国生みの神 天地創造時に、別天つ神(ことあまつかみ)と呼ばれる5柱の神、 その後現れた神代七代と呼ばれれる 2柱の神(日本の国土、大自然に命を吹き込む神)と 男神と...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました